あゆみ解体の
現場ブログ
BLOG

フロンガス規制

東京にお住まいのみなさま

こんにちは

東京の解体工事専門店カクケン

あゆみ解体です

  🐓          🐡         🌺          🐋          🐓

 

解体工事において

フロン排出抑制法の遵守について

2020年4月1日より フロン類を回収しないまま機器を廃棄した場合は 

行政指導などを経ることなく、即座に50万円以下の罰金刑が科せられます。

フロンガスは、機器を捨てる際にもきちんと回収しなければいけません。

解体業者は、現場のフロンガス使用機器の有無を確認したうえで 発注者に対して

「事前確認書」を発行いたします。

この事前確認書は3年間保存しなければなりません。

 

    フロンガスとは・・・    

フロンとは正式にはフルオロカーボンといい、炭素とフッ素の化合物です。

無毒性、不燃性、化学的安定性といった優れた性質をもっており

それによって空調機器や冷凍庫・冷蔵庫などの冷媒として広く一般的に使用されています。

オゾン層を破壊する物質として法律で大気放出が厳しく禁止され、段階的に製造が縮小・中止されています。  

1920年代に開発され、燃えにくく化学的に安定した物質であることから
 
冷蔵庫やエアコンの冷媒として急速に使用が拡大しました。
 
フロンガスは、オゾン層の破壊や地球温暖化を引き起こす化学物質でもあります。
 
 
フロンガスの危険性とは・・・ 
 
フロンそのものは人体には害はありませんがフロンを使っていくと
 
オゾン層が破壊されて大量の紫外線が地上に降り注いで直接浴びることになり、
 
人の健康にも影響を与えます。
 
これによって、皮膚ガンや白内障などになる危険性が高くなります
 
植物への影響やプランクトン、魚にまで被害が及ぶのではないかと懸念されています。
 
フロンガスを出すものとは・・・  

エアコン、カー エアコン、冷蔵庫、冷温自動販売機、飲食品冷蔵・冷凍ショーケース、

冷水機 などの冷媒(熱を運ぶ物質)、断熱材の発泡用、半導体の洗浄用、

パソコンなど のためのダストブロワー(埃吹きスプレー)など、私たちの身の回りでたくさ ん使われています。

 

フロンガスの代わりになるものとは・・・

現在はHFC(ハイドロ・フルオロ・カーボン)といった種類しゅるいを使用中ですが

このHFCフロンはオゾンそうへの影響えいきょうちいさいが、一方いっぽうでは温室おんしつ効果こうかげてしまいます。

いまはさらにHFCフロンにわるものの使用しようすすめられていて 近年では、

さらに地球温暖化防止にも貢献できる新冷媒HFC(R32)など研究が進められています。  

 

まとめ:

私たちが生活していく中でエアコンのない生活は

考えられないほど密接なものになっています。

当たり前の暮らしの中にはフロンが 使用されていることを意識しなければ なりません。

 

  🐓          🐡         🌺          🐋          🐓

 

 

あゆみ解体のスタッフSTAFF

東京都での家屋解体・解体工事は「あゆみ解体」にお任せ!

解体工事専門店としてのメンツにかけて、安心・安全の家屋解体・解体工事をお届けいたします!

代表取締役角田 賢慈

取締役 吉野 福太郎(ヨシノフクタロウ)

取締役齋藤 公治(サイトウコウジ)

営業近藤 利樹(コンドウトシキ)

工事部長小原 春寿(オハラハルトシ)

担当久保木純一(クボキジュンイチ)

担当ラントクイ

No Image

担当棚木政光

経理角田 彩香(カクタサヤカ)

担当堀口晶夫(ホリグチアキオ)