あゆみ解体の
現場ブログ
BLOG

解体工事での廃棄物処理

東京にお住まいのみなさま

こんにちは

東京の解体工事専門店カクケン

あゆみ解体です

    ********** ♬♪ ********** ♬♪ ********** ♬♪ ********** ♬♪ ********** ♬♪********** ♬♪  

解体工事で発生した廃棄物の処理方法は、東京都や各自治体によって異なる場合があります。

一般的には、以下のような手順で処理が行われることがあります。

1.廃棄物の分別                            

廃棄物の分別は、異なる種類の廃棄物を分類し

適切な処理方法に送るために行われます。

以下に一般的な廃棄物分別の例を挙げますが

東京都や各自治体や国によっても分類基準や分別方法が異なる場合あります。

具体的なガイドラインに従うことが重要です。

木材:

木材廃棄物は、再利用やリサイクルが可能な場合があります。

建築廃材リサイクル施設に送られ、破砕や粉砕などの処理を経て

再利用されることがあります。

金属:

金属廃棄物は、鉄、銅、アルミニウムなどの種類ごとに分別されます。

スクラップ業者によって回収され リサイクル業者で溶解や再精錬などの

処理が行われます。

コンクリート:

コンクリート廃棄物は、破砕されて再利用されることがあります。

破砕施設に送られ、再利用(道路基盤、砕石など)に応じて処理が行われます。

ガラス:

ガラス廃棄物は、再利用やリサイクルが可能な場合があります。

ガラスリサイクル業者によって回収され、適切な処理が行われます。

有害廃棄物の分別:

有害廃棄物は、特定の法律や規制に基づいて適切に分別されます。

アスベスト、塗料、溶剤、薬品、電池、蛍光灯などが含まれます。

これらの廃棄物は専用のコンテナや容器に入れられ

専門の廃棄物処理業者によって回収・処理されます。

その他の廃棄物の分別:

その他の廃棄物(紙くず、プラスチックフィルム、不燃性廃棄物など)も

分別される場合があります。

東京都、各自治体のガイドラインに従って、適切な分別します。

 

2.廃棄物の再利用・リサイクル                

再利用やリサイクルが可能なものは それぞれの材料ごとに

再加工されたり、新たな製品として利用される場合があります。

木材は燃料や製材材料として再利用され、

金属はスクラップとしてリサイクルされることがあります。

 

  ********** ☆  ☆  再利用  ☆  ☆  **********     

木材:

解体された木材は建築材料や家具の再利用など

さまざまな用途で再利用されることがあります。

木材は、破砕や加工を経て、再利用可能な形に変えられます。

金属:

解体された金属は、スクラップとして回収され 溶解や再精錬などの

プロセスを経て、新たな金属製品の製造に再利用されます。

コンクリート:

コンクリートは破砕されて再利用されることがあります。

破砕されたコンクリートは、道路基盤や建築材料の再利用に使用されることがあります。

 

  **********  ☆  ☆  リサイクル  ☆  ☆  **********   

ガラス:

解体工事で発生したガラスは、リサイクル業者によって回収され

ガラスの製造に再利用されます。

ガラスは砕かれ、再溶融され、新しいガラス製品の原料として使用されます。

プラスチック:

解体工事で発生したプラスチック廃棄物は、リサイクルプラントで回収され

適切な分類や処理が行われます。

プラスチックは破砕や洗浄などのプロセスを経て、

再加工され 新たなプラスチック製品に再利用されることがあります。

その他の材料:

解体工事によって発生した他の材料や廃棄物も

リサイクルが可能な場合があります。

例えば、金属やプラスチックの部品、廃棄物の一部がリサイクルプラントに送られ

適切な処理が行われます。

 

3.廃棄物の処理施設での処理                   

再利用やリサイクルが難しい、または不可能な廃棄物は、処理施設に送られます。

例えば、コンクリートは破砕されて再利用されるか、埋め立て場にて処分される場合があります。

また、一部の有害廃棄物は特殊な処理が必要であり、廃棄物処理施設で適切に処理されます。

 

              ☆ 処理施設での工程 ☆

分別と仕分け         

解体現場で発生した廃棄物は、まず分別されます。

異なる種類の廃棄物(木材、金属、コンクリート、ガラス、プラスチックなど)が

それぞれ別々に仕分けられます。

測定と評価          

廃棄物の量や性質が測定され、評価されます。

これによって、 処理施設が必要な設備や手順を決定します。

仮置き場での一時保管     

廃棄物は、処理施設内の適切な仮置き場で一時的に保管されます。

これにより、処理の適切な手配や効率的な処理のスケジュール管理が可能となります。

処理方法に基づく処理     

再利用可能な廃棄物: 再利用が可能な廃棄物(例: 木材、金属)は、

処理施設内で再加工や溶解、粉砕などのプロセスを経て、

新たな製品や材料として再利用される場合があります。

リサイクル          

リサイクルが可能な廃棄物(例: ガラス、プラスチック)は、

リサイクル施設に送られ、適切な分別や加工が行われます。

再利用可能な形に加工され、新たな製品に再利用されることがあります。

特殊な処理が必要な廃棄物   ↓

有害廃棄物や特殊な処理が必要な廃棄物は、

処理施設内の特殊な設備や工程により適切に処理されます。

有害物質の分解や中和、安全な埋立処分などが行われます。

最終処分           

処理施設で処理された廃棄物のうち、処理やリサイクルが難しい残りの

廃棄物は 最終処分場に運ばれて埋め立てられる場合があります。

最終処分場は、環境への影響を最小限に抑えるために設計・管理されています。 

 

           ☆処理施設で行われる主な活動手順☆

廃棄物の検査と受け入れ: 廃棄物処理施設では 受け入れ可能な廃棄物の

範囲や基準が定められています。 廃棄物は、受け入れ前に検査され

処理施設の基準に適合しているかどうかが確認されます。

  安全措置の実施        

廃棄物処理施設では、作業員や環境の安全を確保するためのさまざまな措置が取られます。

これには、適切な防護具の着用、作業場所の適切な設備や施設の維持管理、

安全な廃棄物の取り扱い手順の確立などが含まれます。

処理プロセスの実施      ↓

廃棄物処理施設では、廃棄物の種類と性質に基づいて適切な処理プロセスが選択されます。

これには、物理的な処理(破砕、分別、洗浄など)、 化学的な処理(分解、中和など)、

熱処理(焼却、高温処理など) バイオリメディエーションなどが含まれます。

処理プロセスは、 廃棄物の種類や処理施設の能力に基づいて適切に選択されます。

資源の回収や再利用      

処理施設では、廃棄物から回収可能な資源(金属、ガラス、プラスチックなど)が適切に回収されます。

これらの資源は再利用やリサイクルのために処理され、 新たな製品や材料の生産に利用されることがあります。

資源の回収や再利用      

処理施設では、廃棄物から回収可能な資源 (金属、ガラス、プラスチックなど)が適切に回収されます。

これらの資源は再利用やリサイクルのために処理され、 新たな製品や材料の生産に利用されることがあります。

廃棄物の最終処分       

処理施設で処理された廃棄物のうち、処理やリサイクルが困難な残りの廃棄物は 最終処分場に運ばれます。

最終処分場は、地域の法律や規制に基づいて 設計・管理され、地下への埋め立てや

環境への影響を最小限に抑えるための 措置が取られます。

 

廃棄物の適切な包囲材の使用

地下水や土壌への漏洩の防止 ガスの処理や発生の監視

監視井戸の設置などが含まれます。

  廃棄物の追跡と記録: 廃棄物処理施設では、廃棄物の追跡と記録が重要です。

廃棄物の量、種類、受け入れ元、処理方法などが文書化され、

適切な管理と監査が行われます。

廃棄物の移動や処理過程の透明性が確保され 法的な要件や規制に準拠することが可能となります。

環境監視と品質管理: 廃棄物処理施設では、環境監視と品質管理が行われます。

これには、大気、水、土壌のサンプリングと分析、 騒音や振動のモニタリング

廃棄物の品質管理などが含まれます。

これにより、処理施設の運営が環境基準や規制に適合していることが確認されます。

法的な要件と規制の遵守: 廃棄物処理施設は、 地域の法的な要件や規制に準拠する必要があります。

廃棄物の受け入れ基準、処理方法、排出基準、安全対策などの順守が含まれます。            

処理施設は、定期的な監査や査察を受け 法的な要件と規制を遵守していることが確認されます。

これらの手順や活動は、廃棄物処理施設が廃棄物を適切に管理し

環境への悪影響を最小限に抑えるために重要です。

持続可能な資源利用や廃棄物削減の観点から

再利用やリサイクルの促進も重要な取り組みとなります。   

 

  ********** ♬♪ ********** ♬♪ ********** ♬♪ ********** ♬♪ ********** ♬♪

ご購読、ありがとうございました。

東京の皆様、今後ともあゆみ解体をよろしくお願いします✊

東京での解体工事ならあゆみ解体におまかせ!

東京地域密着の解体工事なら、「あゆみ解体」 自慢の東京での施工事例はこちらから

 

お問い合わせならこちらから!あゆみ解体は東京に地域密着で解体をお引き受けいたします。

あゆみ解体のスタッフSTAFF

東京都での家屋解体・解体工事は「あゆみ解体」にお任せ!

解体工事専門店としてのメンツにかけて、安心・安全の家屋解体・解体工事をお届けいたします!

代表取締役角田 賢慈

取締役 吉野 福太郎(ヨシノフクタロウ)

取締役齋藤 公治(サイトウコウジ)

営業近藤 利樹(コンドウトシキ)

工事部長小原 春寿(オハラハルトシ)

担当久保木純一(クボキジュンイチ)

担当ラントクイ

No Image

担当棚木政光

経理角田 彩香(カクタサヤカ)

担当堀口晶夫(ホリグチアキオ)