あゆみ解体の
現場ブログ
BLOG

解体ヒヤリハット

東京にお住まいのみなさま

こんにちは

東京の解体工事専門店カクケン

あゆみ解体です

 

🐓          🐡         🌺          🐋          🐓

解体工事現場で事故が起きることがあります。

重機の使用での接触や落下事故など・・ ではどんなヒヤリハット事故があるでしょうか。  

 

           解体ヒヤリハット事例  

 

建物の崩壊

       解体工事中の建物は、雨風によって倒壊したり、突然倒壊したりすることがあります。

       外壁の崩壊は、作業員だけでなく、近くを歩いていた一般人や近隣の住民や建物にも

       危険が及ぶ可能性があります。

 

重機の操作ミス

重機が隣家に損害を与えたり、作業員にぶつかったりする事故があります。

重機の操作ミスで重機本体が転倒し

操縦者だけでなく周囲の人も巻き込む重大な事故につながることがあります。

 

化学物質の漏洩

 

学物質の漏洩は、配管に残っていた化学物質が残圧により飛散したり、
化学薬品により配管が腐食したりすることで発生します。
 
解体工事では、セメントを土と混ぜると「六価クロム」という
有害物質が発生する可能性があります。六価クロムは
アスベストと並ぶ二大発ガン物質の1つです。

 

電気設備の誤操作
電気設備の撤去を行わないまま作業を行うと、作業員が感電する重大な事故につながります。

 
解体工事では、電気の供給を停止するだけでなく、
電気メーターやブレーカーなどの設備の撤去も行わなければなりません。
電気設備の撤去は、「解体工事に伴う電気設備の撤去をお願いします」
と電力会社に伝えると無料で行なってもらえます。
 

 

火災の発生

溶接や溶断作業による火花の飛散や作業員の喫煙の不始末

夜間施錠されていない工事現場への放火などがあります。

 

周辺地域への影響

重機を使用するため、振動で隣の家に影響を与えやすくなります。

特に、基礎を解体したり、地中深く打ち込まれた鉄骨の支柱を抜いたりするなどの

地盤に直接手を加える作業では、振動が強くなって周囲への影響が大きくなります。

 

安全装置の不備    

 

安全装置の不備や安全規則の遵守不足、従業員の訓練不足

機械的故障などが事故の原因となります。

不適切な安全措置により、落下、打撲、切断などの重大な怪我や

最悪の場合は死亡事故が発生するリスクがあります。

 

 

施設内の未確認爆発物
施設内の未確認爆発物も含まれます。
 
解体工事には、建物の突然崩壊、重機の操作ミス、化学物質の漏洩、電気設備の誤操作、火災の発生
周辺地域への影響、安全装置の不備など、さまざまな危険が伴います。
            
 
 
 

                   防止対策   

     

重機の転倒防止策:                           

解体現場周辺で適切な安全対策がとられていない場合

歩行者や近隣住民が落下物や移動中の重機に巻き込まれ危険が及ぶこともあります。

重機の資格を持ったオペレーターを起用し、定期的なトレーニングも必要です。

重機は安全性のため均等な地盤での作業が望ましく必要に応じて 支持材やアウトリガーを使用したり

作業前に地盤の強度の調査をして確認する場合もあります。 荷重制限を守り

過度な荷重をかけないよう注意します。

物体の落下防止策:

解体作業の周囲には適切なバリケードや警告標識を設置し

警備員の配置で通行人に警告を促すことも大切です。

作業員にはヘルメットや保護具の着用を義務付け 解体工事は安全な手順で実施することです。

電線事故防止策:

作業現場の周辺に注意を喚起する看板を設置をします。

解体前に電線の位置を確認し、解体作業を調整を図ります。

オペレーターエラーの防止策:

資格を持つ訓練済みのオペレーターを雇用し、定期的な再訓練を行います。

オペレーターには作業計画と手順に従うように指示します。 安全な作業環境を提供し

オペレーターに適切な休息を取らせましょう。

ヒューマンエラー防止策:
作業員が作業に集中しすぎて、重機の接近に気付づかず接触することがあります。
作業員の「重機は旋回してこないだろう」という思い込み
重機の近くを通る意思を示したが、自分の意思がオペレーターにうまく伝わっていなかった等
その多くは、思い込みや誤認によるものです。
解体現場では作業員同士のコミュニケーションが必要です。
 
 
重機用安全管理警報システムの使用
作業員が重機のオペレーターに気付いてもらいたい時にリモコンで重機内のサイレンを鳴らし
重機オペレーターが気付いたことをライトの点滅で確認できる安全管理補助器具があります。
作業員と重機の接触事故防止に役に立ちます。
                               
 
解体現場では現場監督を設け、重機の安全性を確保し、定期的な点検と保守を実施をしております。
 
   オペレーター、作業員のコミュニケーションも重要といえます。

重機の事故防止のためには、作業員一人一人が安全に対する意識を持つことが大切です。

また、現地の法令や規制に従うことは不可欠です。           

 

私達あゆみ解体は

作業スタッフの安全管理、健康管理に

常日頃から注意をしております。

 

🐓          🐡         🌺          🐋          🐓

ご購読、ありがとうございました。

 

東京の皆様、今後ともあゆみ解体をよろしくお願いします✊

 

東京での解体工事ならあゆみ解体におまかせ!

 

東京地域密着の解体工事なら、「あゆみ解体」

 

自慢の東京での施工事例はこちらから

 

 

 

お問い合わせならこちらから!あゆみ解体は東京に地域密着で解体をお引き受けいたします。

 

あゆみ解体のスタッフSTAFF

東京都での家屋解体・解体工事は「あゆみ解体」にお任せ!

解体工事専門店としてのメンツにかけて、安心・安全の家屋解体・解体工事をお届けいたします!

代表取締役角田 賢慈

取締役 吉野 福太郎(ヨシノフクタロウ)

取締役齋藤 公治(サイトウコウジ)

営業近藤 利樹(コンドウトシキ)

工事部長小原 春寿(オハラハルトシ)

担当久保木純一(クボキジュンイチ)

担当ラントクイ

No Image

担当棚木政光

経理角田 彩香(カクタサヤカ)

担当堀口晶夫(ホリグチアキオ)